未満児保活

未満児保活に泣かされました(涙)②

未満児保活に泣かされました(泣)未満児保活
スポンサーリンク

【保活】を意識したきっかけ

ニュースで保活が取り上げられ、初めてその現状の深刻さを知りました。
フクロコ
フクロコ

保育園って当たり前に入れるんじゃないんだ…。

この頃、フクロコは新婚で、30歳間近だったこともあり、子どもは早く欲しいなとは思っていました。働いているので、子どもができたら確実に保育園のお世話になります。

子どものことを考えていたこともあって、この流行語のインパクトはすごかったです。このきっかけがなかったら、妊娠前に保活について考える機会はなかったと思います。

2017年に命を授かりました。

妊娠中に市役所へ

保育園について市役所で聞いてみることにしました。

当時住んでいた市の市役所は、すごく立派なビルで、エレベーターにのって保育課へと向かいました。1階の窓口しか利用したことなかったので、なんだか緊張していたのを覚えています。

ちなみに、この後に引っ越したので、今は違う市に住んでいます。この市役所の近代的な感じは好きだったので、そこは残念(;^ω^)

なんとも曖昧な答えが返ってきました。

ほんとに曖昧な答えばかりで、あまり確実な収穫はありませんでした。確かに、フクロコが申し込む年がどれだけの応募数かなんてはっきり分かるわけがないし、予想でしか話せないですよね(;^ω^)

どうやら、フクロコが住む地域でも保育園は余裕があるわけではなさそうでした。

保育園って自治体運営なので、住んでいる場所で、保活の条件も対応もだいぶ違うんですよ!隣の市でも違います。フクロコが現在住んでいる市は、正直あまり親切ではないなという印象です(;・∀・)
快適に子育てがしたかったら、住む場所を選ぶのは大事だなと思います。

この後、保活で何度も泣かされることになります(涙)

保活のはじめ、最低限調べておく情報は…?

妊娠中の保活は市役所の窓口でお話を聞いただけでした。気合い入れて行ったはいいけど、何を聞いたらいいかもまとまっていなかったので、上手く情報を聞き出すことができませんでした。

フクロコ
フクロコ

最低限調べておくオススメ事項はコチラ↓↓

  • 保育園の場所
  • 各保育園の対象月齢
  • 入園の募集開始時期

フクロコは結婚を期に土地勘のない場所に住み始め、保育園がどこにあるかすらも分かりませんでした。家の近くにある幼稚園を保育園と勘違いしていたほどです…(^O^;)場所はとても大事なので、要チェックです!

確実に保育園に入るために0歳児4月入園にすべきなのか悩みました。
そんな中で引っ越しをすることになり、引越し先の市の認可保育園は、0歳児入園の受付が生後7ヶ月からでした。4月段階で生後4ヶ月予定のお腹の子は対象外でした。(引越し前の市は生後3ヶ月から対象でした。)また、市内でも、0歳児入園を扱っている園といない園があります。
そういうことも、自治体によって違うので、前もって調べておくとスムーズです。

入園の募集開始時期もチェックしておけて良かったです。4月入園だと、前年の9,10月頃から情報が公開され、10,11月頃から募集開始というパターンが多いかなと思います。うっかり逃してしまうと、4月入園できません。

フクロコ
フクロコ

まずはHPで保育園に関する情報をチェックしよう!

以上のことはだいたい自治体のHPに載っているので、保育園に関するページを探してチェックしてみるのがいいと思います!疑問がでてきら、聞きたいことをまとめて、問い合わせをするのがスムーズです♪

この後、カリちゃんが無事に生まれました。本格的な保活は、1歳児の4月入園の申込み開始ごろに始めることになります。

フクロコ
フクロコ

③に続きます!

タイトルとURLをコピーしました