未満児保活

未満児保活に泣かされました(涙)⑦

未満児保活

保活の結果は昨日聞いているのに、市役所から再び着信…!?
この記事は、2010(令和2年)冬から春頃のフクロコの体験を元に書いています。保活は年度や自治体によって対応が全く異なることを前提に、読んでいただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク

伝え間違い

申し訳ありません。昨日伝え間違いがありまして、
カリちゃんだけでも第一希望に決まったことが救いだったのに、
この日ばかりは盛大な愚痴大会になりました。

着信があったときに、もしかして0歳児で辞退が出て、ウユくんも【フ中】に入れる!?なんて、淡い期待を描いたフクロコがアホでした。正反対の内容でした。

カリちゃんが第一希望の【フ中】だったことが救いだったのに、それすら無かったことにされてしまいました( ;∀;)カリちゃんは産前産後利用で過去に4ヶ月間だけですが【フ中】に通っていたので、もう一度通えることが決まり、大人3人はとても安心していたのに…。

前日に伝え間違いをしたのは女性で、この日電話を掛けてきたのは男性でした。この男性に文句を言っても仕方がないので、何も言えず、素直に受け入れるしかなかったです。
もし、間違えた女性本人が掛けてきても、フクロコの性格上クレームをつけることはしなかったと思います。でも、文句を言われてもおかしくないミスですよね…。

フクロコ
フクロコ

どこの保育園に決まったかって、親にとってめちゃめちゃ重要な情報だと思うんですよ!

申し込みから何ヶ月も結果を待って、第一希望に通れたって聞いたら、当然喜ぶじゃないですか。せめて、ミスした直後に電話くれたら、一晩ぬか喜びすることもなかったのに…(T_T)

カリちゃんが決まった【フ東】は、おそらく第4希望で記入していた園です。場所すら把握しておらず、電話で聞いたときもどこ?と思いました。電話を切った後に調べると、【ミミズク西】と見事に正反対の位置でした。距離も徒歩圏内からは外れてしまいました。
フクロコ一家が住む家の周辺は渋滞が起こりやすい場所です。正反対の園に送るために、朝の通勤ラッシュの中を往復しなければならないのかと、かなり落ち込みました。

カリちゃんとウユくんを連れて【フ東】に行って、カリちゃんを送り届けて、渋滞の中正反対の【ミミズク西】に向かって、ウユくんを送り届けて、やっと会社に向かって…。
朝の送りって、保育園についてお願いしますだけじゃないんですよ。手口ふきを所定のかごに入れて、着替えやオムツの補充をして、汚物を入れるための袋をトイレにセットして…。これを2つの園で毎朝やらなくてはならないのかと思うと、想像しただけでも、げんなりしました。

この訂正の電話があってから数日後、正式な書類で保育園決定のお知らせが届きました。【フ東】と【ミミズク西】で…。

入園準備を進めるけれど…

最終的に決まった園は姉弟別々の上に、家から正反対の園でした。
新型コロナウイルス感染拡大。

姉弟別々で入園が決定し、まず入園説明会があります。

フクロコ
フクロコ

2つの園で、日にちも時間も同じ…。どうしよう。

そんなことで悩んでいた中で、世間では新型コロナウイルスについて騒がれるようになってきました。楽しみにしていたイベントは次々と中止になりました。

フクロコ
フクロコ

いちご狩り…ファミリーコンサート…

ファミリーコンサートせっかく当選してたのに( ;∀;)いまだに悔しいいぃぃぃぃ!!!

悩んでいた入園説明会も当然中止になり、指定された時間内に、入園に必要な書類を届けに行く方式になりました。2つの保育園をハシゴして、入園書類を提出しました。

説明会後から、本格的に入園準備を勧めました。フクロコは車通勤なので、車で2人を送り届けられますが、パパちは自転車です。パパちが平日休みの時は、パパちに送り迎えをしてもらうため、3人乗り自転車をGetしました。
ちなみに、今は徒歩圏内の保育園に内定が出ている上に、パパちも平日休みのない会社に転職したので、この3人乗り自転車の出番はもうないかも…(;^ω^)

着替えの買い足しや名前書き、全てを済ませて、あとは入園を待つだけという状態になりました。
しかし、入園準備中にも新型コロナウイルスの感染が拡大し続けていて、フクロコの不安もどんどん大きくなっていきました。

入園辞退

フクロコは入園辞退を考えるようになりました。
保育園を辞退しました。

過去に産前産後利用でカリちゃんを1歳児クラスに預けたときに、これでもかというくらい病気をもらってきて大変でした。それが2人分、コロナ禍の中でまた起こるのかもしれないと思うと不安が大きくなっていきました。ましてやウユくんは0歳児で、当時のカリちゃんよりも更に幼いですし…。

  • 姉弟別々で保育園に通うのが大変
  • 復帰予定の会社が新型コロナウイルスの打撃を受けていて仕事が減っている
  • 登園自粛をしても2人分の保育料は払わなければならない

以上の理由が決定打になり、保育園辞退という結果になりました。

まずは家族で辞退について話し合った後、会社に相談をしました。「キャンセルが相次いでいて、うちも仕事が減っているし、焦って復帰しなくても大丈夫。しばらくは様子見たほうがいいよ。」と言ってくれました。

この後4月に緊急事態宣言が出されて、その期間は保育料の払い戻しはあった様ですが、この時点では登園自粛をしても、保育料は払う必要がありました。未満児2人、いくら2人目は半額といっても、それなりに保育料はかかります…。そのことと、辞退によるペナルティはないことを市役所窓口で確認し、その場で入園辞退を泣く泣く申し出ました(T_T)

もし第一希望の園に内定していたら、会社が影響を受けていなかったら、保育料の払い戻しがあったら、この地点での入園辞退はしていなかったと思います。

フクロコ
フクロコ

本当は通わせたかったです…。

ようやく社会復帰できると思っていたし、カリちゃんは言葉が遅かったので、保育園はいい刺激になるだろうと期待していました。本当に残念でした( ;∀;)

結果として、通う予定だった保育園では、コロナ陽性者は出ていない様です。市内の別の保育園で、陽性者が出て、一時休園をしていたことはありました。
1年経ってもコロナ収束には向かわなかったので、間もなくコロナ禍での保育園デビューがやってきます。それでも、コロナが全くの未知数であったこの頃よりは状況も分かってきているので、まだ安心して預けられます。

この頃のウユくんは歩き始める前の生後10ヶ月でしたが、今はカリちゃんと追いかけっこをするくらい成長しました。その成長を側で見られたという面では、保育園辞退をして良かったのかなと思います。

フクロコ
フクロコ

⑦に続きます。

タイトルとURLをコピーしました