未満児保活

未満児保活に泣かされました(涙)⑫

未満児保活に泣かされました(涙)⑫未満児保活

この記事は、フクロコの体験を元に書いています。保活は年度や自治体によって対応が全く異なることを前提に、読んでいただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク

保活まとめ

計4回の申請を行ったフクロコの保活。いかがだったでしょうか?
現状だと、点数が低いと希望通りにいかないことを身をもって知りました。
保活がうまく行かない中で、幼稚園や無認可保育園も調べました。
保活で有利になるならと、色々な戦力を練りました。
保活で泣かされる親を無くすために、制度そのものが改善されていくことを祈るばかりです。
点数も戦略もない、当たり前に希望する園に入れる世の中になりますように。

4回の保活をすることになりましたが、多いのか少ないのか…。地域によって差はありますよね。

フクロコ
フクロコ

激戦区と呼ばれる場所では、もっと大変な思いをしているんだろうな。

フクロコの友人も、家から一番近い園の募集人数が少なかったから、あえて募集定員に余裕のある園を第一希望にし、改めて一番近い園に入れ直すということをしていました。働く親にとって、入れないことが一番困りますからね(;^ω^)

フクロコも色々な戦略を練りましたし、無認可保育園や幼稚園についても調べました。色々考えはしましたが、最終的に行った戦略としては、0歳児を扱っていない園を第一希望にするくらいでした。0歳児さんがそのまま1,2歳児クラスに持ち上がれば、その分定員は減りますからね。

点数についても調べてみましたが、きょうだい同時入園って思ったよりも低いんだなと思いました。
フクロコの住む市では、育休復帰(8点)ときょうだい同時入園(7点)で、点数の高い育休復帰の方が採用されます。未満児で保育園に預けられる理由って、育休復帰が多いと思うんですよ。そうなると、きょうだい同時入園の点数は実質ゼロです。

フクロコ
フクロコ

きょうだい別々になるわけだ…。

パパち
パパち

僕の同僚はきょうだい別々で決まったんだって…。

パパちの同僚さんはフクロコ一家と同じ市に住んでいます。フクロコ一家は保活を笑顔で終えることができましたが、保活で泣く親はまだまだ存在しているんだと、悲しくなりました。別々に決まった時の気持ちがすごく分かるので…。

点数や戦略がまだまだ必要な現状ですが、いずれはそんなものが必要ない世の中になって欲しいと思います。今の保活環境が少しずつでもでも改善していって、当たり前に希望する園に入れる未来が早く来ますように。

この保活をきっかけに…

ちなみに、この保活をきっかけに、フクロコは保育士試験にチャレンジしました!
フクロコ
フクロコ

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました